高齢者の刺青除去についての心得について

刺青は肌に傷をつけたうえで顔料などの色素を流し込み、体に文字や絵柄などを定着させる行為を指します。

刺青の色素は通常の新陳代謝では落ちないので、一度入れたら永久に残るのが特徴です。

OKWave情報選びをサポートするサイトです。

ファッションの一環として刺青を入れるケースが増加していますが、社会的な制約を受けることが多く、加齢によって肌にシワやシミができることで刺青の絵柄が崩れてしまうこともあります。



そのため、見栄えを良くするために高齢者が刺青除去の治療を受ける事があります。
刺青除去は対象の部分の皮膚を刺青の色素ごと切除してから綺麗な皮膚を移植する方法が一般的です。



大きい刺青も綺麗に取り除くことが出来る一方で体への負担が大きく、処置を終えた後は傷が完治するまで定期的に検査を受ける必要があります。

特に高齢者の場合は肌の老化によりシワや弛みが生じているので、処置を行った部分と周囲の肌の質感を合わせる処置も行う必要があります。


そのため、通常の刺青除去治療よりも手間がかかるので注意します。小さい刺青や指先などに居れた刺青は医療用レーザーで焼き潰す方法もありますが、高齢者の肌は外部からの刺激に弱く、火傷やシミなどの疾患に見舞われるリスクが高い傾向があります。
刺青を取り除いても却って肌の具合が悪くなってしまう可能性もあるので、除去治療は慎重に行うように心がけます。


刺青除去は術後の仕上がりが綺麗なことも重要な条件なので、技術力が高く高齢者相手でも丁寧に治療を行う医師が常駐している病院を選ぶことが大切です。